title_bg

學校大事紀/これまでの大きな出来事

1. 學校創立之初到第二次世界大戰結束/ 学校創立から第二次大戦終了まで

昭和4年
民國18年
(1929年)
東京府小石川區指ヶ矢町7番地,中華公會舊址建校。
校名為“東京華僑學校”。講堂只有一處,學生數20余人。
校董,羅翼群等5人。名譽校長山井格太郎。校長傅代言。
東京府小石川区指ヶ谷町7番地、中華聖公会旧址に開校。
名称「東京華僑学校」、講堂一所のみ。学生数20餘人。
校董・羅翼群等5人。名誉校長・山井格太郎。校長・傅代言
昭和5年
民國19年
(1930年)
2月 開辦成人僑胞補習班。學生22人
10月 取得東京府政府許可
2月 成人僑胞補習班を開辧。学生22人。
10月 東京府政府より認可を取得。
昭和6年
民國20年
(1931年)
取得中華民國(國民政府)教育部許可 中華民国(国民政府)教育部に設立認可。
昭和7年
民國21年
(1932年)
借用東京府神田區神保町10番地,中華留日基督青年會的
3個房間, 學生10余人
918事變發生後,因回國人數增加,校務中斷
東京府神田区神保町10番地・中華留日基督青年会内の3間を借用し移転。生徒10餘人。
918事件の発生による帰国者増加のため、校務が中断。
昭和10年
民國24年
(1935年)
1月 為建立學校校舍,開始募捐
4月 高級部(小學)第1屆畢業生2名
9月 購買豐島區長崎南町1丁目1801番地,開始建立校舍
12月 校舍落成。除運動場,大禮堂,教室,事物所計13間
1月 学校校舎設立の為、募金開始。
4月 高級部(小学)第1届卒業生2名。
9月 豊島区長崎南町1丁目1801番地を購入し、校舎建設開始。
12月 校舎落成。運動場、大禮堂のほか、教室・事務所・計13室。
昭和11年
民國25年
(1936年)
2月 教科書被東京府全部沒收
3月 改校名為“東京華僑小學校”
高級部(小學)第1屆畢業生4名
2月 教科書がすべて東京府に没収される。
3月 校名を「東京華僑小学校」に改名。
高級部(小学)第1届卒業生4名。
昭和12年
民國26年
(1937年)
7月 中日戰爭爆發。因教員回國學校關閉 7月 中日戦争勃発。教員帰国により学校閉鎖。
昭和20年
民國34年
(1945年)
5月 校舍遭到轟炸全部燒毀 5月 校舎が爆撃により焼失。

現城東小学校 (舊京橋昭和小學校)

現城東小学校 (舊京橋昭和小學校)

在戰時,有借用中央區昭和小學以“東亞興亞學院”為校名,
進行中國語教學之類的情報,但無法確認具體情況。

*戦時中、中央区の昭和小学校を借用し「東亜興亜学院」と称して、中国語による授業を行っていたとの情報があるが、どのように行われていたかについての確認はできていない。又、戦時中、教科書についての日本政府による干渉などは有ったが、中国語教育(当時は支那語あるいは満語などと称された)は禁止されていたわけではなく、戦前、本校が閉鎖を余儀なくされたのは、教員の多くが帰国したことなどにより、運営が困難になったためと推測される。

2. 第二次世界大戰後的復興 /第二次大戦後の復興

昭和21年 民國35年
(1946年)
6月 東京華僑聯合會成立後,借用中央區昭和小學的校舍復校。
改校名“東京中華學校”
名譽校長,包象寅,校長,陳文瀾,學生160名,班級4個。
9月 東京華僑聯合會(會長:陳禮桂)推薦曹嘉修等7人為學校董事。曹嘉修就任董事長,包象寅就任校長。隨後,在董事長曹嘉修的領導下,開始從昭和小學遷出的準備,建校用地的取得計劃,建校用地的作業以及募捐等工作。取得千代田區5番町的本校用地和建設學校校舍所需要的資金來源,來自賣掉舊學校用地的資金,以及華僑各界的捐款和中華民國駐日代表部的補助。
9月 中國語教育根據熟練程度分成5個班。
“小學部”正式成立
6月 東京華僑聯合会の成立後、中央区の昭和小学校校舎を借用し復校、校名を「東京中華学校」に改名。
名誉校長・包象寅、校長・陳文瀾。学生160名・年齢別4クラス。
9月 東京華僑聯合会(会長:陳禮桂)より曹嘉修等7人が学校董に推薦され、曹嘉修氏が董事長、校長に包象寅が就任した。又、昭和小学校からの移転に備え、学校建設のための用地取得を計画し、用地取得の作業と寄付募金を曹嘉修董事長の下に開始した。現行の千代田区五番町の本校用地の取得および学校校舎建設に要した資金は、豊島区南長崎の旧学校用地の売却資金に加え、華僑各界からの浄財寄付並びに中華民国駐日代表部の補助によりなされている。
9月 中国語教育を習熟度別に5クラスとし、正式に「小学部」となる。

遷入千代田區5番町之前的校舍/ 現行の千代田区五番町に移転する前の校舎1

遷入千代田區5番町之前的校舍/ 現行の千代田区五番町に移転する前の校舎2

昭和22年 民國36年
(1947年)
6月 領受中華民國駐日代表部和中華民國僑務委員會頒發的僑民學校制定證明。
9月 小學部實施六年制編制。
10月 向中華民國駐日代表部僑務處提出創辦初級中學校的申請。
6月 中華民国駐日代表部より、中華民国僑務委員会より僑民学校立案証明を受領。
9月 小学部6学年編成となる。
10月 中華民国駐日代表部僑務處に初級中学校の開校を申請。
昭和23年 民國37年
(1948年)
1月 購買東京都千代田區五番町14番地1的土地
7月 小學部第一屆畢業生27名
10月 千代田區五番町14番地校舍竣工並遷入
1月 東京都千代田区五番町14番地1の土地を購入。
7月 小学部第一届卒業生27名。
10月 千代田区五番町14番地の校舎落成し、移転。
昭和24年 民國38年
(1949年)
2月 梁次如就任校長。包象寅就任名譽校長。
11月 包象寅校長復職。任命高維先為副校長。
董事長,鄭勇昌,副董事長,周祥賡。曹嘉修等3人為顧問
2月 校長に梁次如、包象寅は名誉校長に就任。
11月 包象寅が校長に復職、高維先を副校長に任命。
董事長・鄭勇昌、副董事長・周祥賡。曹嘉修ほか3人は顧問となる。
昭和25年 民國39年
(1950年)
7月 初中部第一屆畢業生15名
小學部第三屆畢業生33名
9月 高維先就任校長
7月 初中部第一届卒業生15名。
小学部第三届卒業生33名。
9月 高維先が校長に就任。
昭和26年 民國40年
(1951年)
6月 “財團法人東京中華學校”得到日本政府認可。
財團法人申請代表周祥賡。
6月 日本政府より「財団法人東京中華学校」が認可される。
財団法人申請代表者は周祥賡。
昭和28年 民國42年
(1953年)
4月 新學年的開始修訂成4月,與日本學校制度相一致
10月 楊名時就任校長。
4月 日本の学校制度に合わせ、新学年開始月を4月に改訂。
10月 楊名時が校長に就任。
昭和29年 民國43年
(1954年)
4月 開始擴建4間教室
12月 4間新教室竣工
4月 新教室4室の増築開始。
12月 新教室4室が竣工。
昭和31年 民國45年
(1956年)
12月 董事會改組。張和祥,薛國梁分別就任理事長,
副理事長。臧廣恩就任校長。
12月 董事会改組、張和祥理事長、薛國樑副理事長就任。
臧廣恩が校長に就任。
昭和32年 民國46年
(1957年)
5月 開始修建和祥堂以及教室二層部分。
10月 和祥堂以及教室二層部分落成。
12月 開始修建第二期新校舍。
5月 和祥堂、及び教室二階部分建設開始。
10月 和祥堂、及び教室二階部分増築落成。
12月 第二期新築校舎建設開始。
昭和33年 民國47年
(1958年)
7月 二期新校舍落成。
9月 新校舍落成典禮。
7月 第二期新築校舎落成。
9月 新校舎落成落成式典。
昭和34年 民國48年
(1959年)
5月 羅長闓就任校長。
12月 董事會改組為評議員會。張和祥連任理事長。
5月 羅長闓が校長に就任。
12月 董事会を評議員会に改組。張和祥理事長に連任。
昭和39年 民國53年
(1964年)
李合珠捐贈遊泳池“合珠池”完成。 李合珠寄贈プ-ル「合珠池」完成。
昭和54年 民國68年
(1979年)
6月 李政義就任校長。 6月 李政義が校長に就任。
昭和58年 民國72年
(1983年)
7月 開始修建新校舍,體育館。 7月 新校舎・体育館建築開始。
昭和59年 民國73年
(1984年)
11月 新校舍,體育館,國際中正會館落成典禮。 11月 新校舎・体育館・国際中正会館落成式典。

国際中正會館

落成時的新校舎

昭和60年 民國74年
(1985年)
7月 新校舍屋上游泳池完成。 7月 新校舎屋上プール完成。
昭和62年 民國76年
(1987年)
11月 張建國就任理事長。 11月 張建國理事長に就任。
平成2年
民國79年
(1990年)
9月 曲平就任校長。 9月 曲平が校長に就任。
平成8年 民國85年
(1996年)
3月 郭東榮就任校長。 3月 郭東榮が校長に就任。
平成11年 民國88年
(1999年)
4月 薛國梁就任理事長。 4月 薛國樑が理事長に就任。
平成12年 民國89年
(2000年)
5月 薛國梁逝世,長江啟泰就任理事長。 5月 薛國樑死去により、長江啓泰が理事長に就任。
平成14年 民國91年
(2002年)
4月 陳哲燦就任校長。 4月 陳哲燦が校長に就任。
平成17年 民國94年
(2005年)
4月 蔡月華就任校長。
5月 吉田潔史就任理事長。
4月 蔡月華が校長に就任。
5月 吉田潔史が理事長に就任。
平成19年 民國96年
(2007年)
10月 張建國作為設立發起人向東京都提出學校法人認可申請。 10月 張建國を設立発起人代表として東京都に学校法人認可申請。
平成20年
民國97年
(2008年)
4月 劉劍城就任校長。
10月1日成立學校法人東京中華學校。
4月 劉劍城が校長に就任。
10月 学校法人東京中華學校が東京都より認可。
平成21年
民國98年 (2009年)
創校80周年紀念。 創校80周年紀念。
平成22年
民國99年 (2010年)
5月 本校列為日本文部科學省指定高中部學費補助學校。
5月 嵯峨 建民先生就任理事長
5月 当校が正式に日本の文部科学省の定める就学支援金の支給対象校として本校が指定されました。
5月 嵯峨 建民が理事長に就任。