Archive for 5月, 2015

2015年度 第二回 運営委員会

5月 29th, 2015

2015年度第ニ回運営委員会

                                                   2015年5月9日(土) 11:00

1.林会長の挨拶及び来賓紹介

保護者の皆さん、本日お忙しい中ご出席いただきありがとうございます。

本日の来賓:理事会代表、劉副校長

2.理事会代表挨拶

中華学校は活気あふれていると感じています。

3.家長会お知らせ事項

運営メンバー紹介及び他の事項説明

運営会メンバー:林会長 岩田副会長 頼副会長 田口副会長

他の事項説明

林会長

意見をいただいたので紹介します。家長会費を上げてほしいとの声がありました。消費税8%になってからも現状では6000円ですが、クリスマス会など、補助させてもらっています。今すぐの話ではないですが、ノートの値上げについて、以前の100円から130円になっています。これまでは台湾から注文してきましたが、いろいろと手間がかかりすぎて、これから日本で注文するようになります。

副会長の岩田さんのことについて、先生を兼任しながらはどうかという意見がありました。実は先に副会長を選任されたのですが、その後に学校からは英語担任が不足のため、声をかけられました。今回の任期年間を満了する来年3月まではこのままにさせていただきたいです。本人も一生懸命に務めております。

4.審議

議長選出、人数確認

議長:池上さん

出席者96名、委任状提出者192名、合計288名。全校生徒369名。

第一号議案

2014年度家長会収支表年間報告

別紙参照。

会長補足 会長含む四人の打ち合わせは、実費でおこなっています。

第ニ号議案

年間活動予定 別紙参照。

第三号議案

2015年度予算収支予算書(案)2015年4月1日~2016年3月31日報告 別紙参照。

第四号議案

家長会と学校に対する質疑や要望

質問  制帽について

回答 劉副校長:家から学校までの間だけですので、本当に必要かを検討必要があります。勿論、必要なら制帽会社に依頼することができます。但し、帽子は制服の一部ではないです。

質問  夏服の切り替え時期について

東京中華学校の周辺校のこと(詳細は別紙添付)を調べてきました。5月初めから併用期間を設けられているのは殆どですが…。

回答 劉副校長:ずっと前から検討していましたが、なぜまだ切り替え時期を変えていないかというと、天気変化の中、朝晩の温度差が大きい日もある中、学校が定めたベストがまだ統一買われていないため、実施はできていないのです。もし、ベストは統一していれば、併用期間を前後伸ばすことが可能になります。

楽器のことについて

会長: ブラスバンドなど20年前のものですので、修理もできないため、学校からは一年に一つしか予算ないため、家長会の方も協力を考えているのですが。

回答  理事会代表:今月理事会があるので、その時に話をしたいです。

質問 楽器はどの位レベルのものなのか、入門段階なのか、中高レベルなのですか。

回答 林会長:一覧表を先生から出してくれたので、後程ブログに載せます。

家長会予算に残高がありますが楽器に回して良いのかを学校の意見を仰がなければなりません。他の部活も欲しいものがあったらどうするか等の問題があります。

質問  去年校長先生は高等部が一人でも理系に進学したい学生がいれば開講すると言われましたが、現実は開講していないようですが…。

回答  劉副校長:2名いれば開講します。去年、医学部進学希望者がいたので開講しました。コストがかなり大きくなりますが実際は開講しました。現時点では一人すでに合格した人がいます。全校では、高等部にかけるコストが一番大きいですが、学生を学校は成就させたい。今年三名理系希望者がいて、学校としてはサポートします。

質問 学校のプール設置について

回答  理事代表:プールについては、理事長はやりたくてしようがないほどですが、期間が短い中本当に設けていいのか、いろんな案を考えています。費用対効果の問題でなかなか決着は付かない。どこかのプールを借りることも考案しています。

質問  数学、理科の授業ですが先生はまず中文そして日本語で説明している現状ですが、進度は大丈夫ですか。

回答  劉副校長:以前の会議でも家長から中学になってからは日本語での授業する時間が多くなったとの質問がありました。進学する学生の中、中国語と日本語のそれぞれ必要な学生がいるのが現実です。如何に中日とも習得するかは課題ですが校長は学生達に中国語と日本語の二言語発表を練習させています。

実はこの学校の先生を見つけることは大変困難なことです。中国語だけでなく日本語もできて、しかも教職専門もなくてはならないからです。

理事代表:中華学校の特徴は社会にバイリンガルできる人材を育成するのであって、授業の進度は確かに遅いです。

質問   算数の担任はメインに中国語で教えていて日本語はあまりわからない先生で、学生に日本語の意味を説明させていると聞きました。間違ったら、他の生徒さんから直してくれるから大丈夫だと言っているそうですが、心配です。

回答  劉副校長:基本的には、小学部は中国語を使い、中学になると日本語を多く使うことになります。学生達の訳は誤りが有るかないかは、中には日本語がとても上手な学生もいるのですが100%正しいかはもちろん言えないです。ただ、学生達のことを誇りに思えるのは確かに中に両方が上手な生徒がいることです。

理事代表補足:先生は大多数台湾からです。学生は優秀です、先生や他の学生が間違って言ってたら必ず指摘するのです。

議長:もし他に質問がないようでしたら、上記議案を終了したいです。

5.臨時動機

劉副校長:サマーキャンプについて

国立台北教育大学。

2-3週間のプランを作られています。

宿泊施設はないものの提携するホテルがあります。

レベルが近い10人一クラスで編成されています。

午前中は授業で、午後は参観活動(陶器作りや、食品作り等)があります。

資料は劉副校長のところにありますので、必要な方は後で取りに来てください。

 

理事代表:少し時間があるので、学校の方針について話したいです。成績の良い生徒さんはそのまま伸ばし、成績の悪い生徒さんにはいろんな方法で成長させていく方針です。

劉副校長:校長の政策としては、言語を非常に重視しています。朝の時間に英語をヒヤリングすることに対して、生徒さんの中にはわからないと叫んでいる人もいるかもしれませんが、だからこそ、生徒さんたちにそのまま聞かせるのも必要だと思います。プリントを配られているので、自宅でも単語の意味を調べ上達の速い人遅い人がいます。周囲には英語環境がないため、家長の方々も大変だと感じるかもしれません。ただし、新しい習慣をつけるためには生徒さん達も苦しいと感じることもありますが、将来社会に出てからもっと苦しくなります。

生徒さんが文句を言う時には、家長の皆さんから励ましの言葉をかけてあげることは大事です。自分の子供は今年高三を卒業してからカナダに行きました。大丈夫かと聞いた時に、聞き取れないと言っていました。学校で勉強する英語はゆっくりのスピードで、実際にはとても速いのです。

子供達には、卒業式や修了式の時に、1、2時間であっても欠席をさせずにできるだけ参加させてあげてください。

6.閉会

 

2015年度 第二回 委員総会

5月 29th, 2015

2015年度 第2回 委員総会

                                             2015年5月9日(土) 9:00

 

1.園遊会について

前回発表しませんでしたが、子供によるゲームを今年もやるつもりでいます。

昨日企画書を子ども達からもらっています。改めてご連絡いたします。

 

園遊会の各担当確認及び注意事項(ごみ袋交換、トイレの景観等)確認を よろしくお願いします。

 

当日の金券について、100円/枚で1000円綴りになっています。

まずは金券のみ販売をお願いします。売り切れた場合は現金を受付ます。

販売金額はなるべくおつりが出ないように設定をしてください。

 

クラスのメニューを配りますので参考にして下さい。

 

金券の希望枚数を各クラスでまとめ前日までに田口さんに申込んで下さい。

 

本日配布している書類-「園遊会で使用する食器類及び材料費の請求について」

、7番の園遊会終了後、残った調味料類、容器類は家長会の方へお戻しください

という内容は家長会の方ではなく、各クラスの判断に任せると訂正します。

 

5/23(土)午後1:00から準備開始します。

役員の方はバザー品購入可能です。

 

5/11-12 家長室にてバザー品確認等を行います。

当日は8時から家長会室をあけます。

 

容器に関して、去年までの在庫はありますので二桁の数でしたらお渡しする事が出来るかと思いますのでご希望の方はおっしゃって下さい。

 

テーブルクロスは各クラス2枚お渡しします。

 

つり銭は用意して下さい。

 

宅配は各クラス千円まで家長会で負担しますが自宅に郵送した人も千円までということで明細をお店の人に明記して頂くようお願い致します。

冷たい商品を出すクラスは、氷を保冷する容器は各々用意するようにお願いします。

 

園遊会の翌日8:00から体育館と家庭科室を先に掃除し、それから他の場所を掃除します。

 

5月24日は午前8時集合です。

販売時間は10時45分を予定しています。

その前にオープニングセレモニーを致します。獅子舞や子どものダンス等楽しんで下さい。

当日の流れは前日にまたお話しさせて頂きます。

 

2.楽器について

A案:緊急購入品目として、下記を上げられました。合計費用は708,000円。

クラリネット2本  アルトサックスフォン2本  トランペット  シンバル

B案:すべて新しくする場合 合計費用2,110,000円。

C案:他にも欲しい楽器も入れ合計費用3,560,000円。

学校からはどの位予算を出してくれるかわかりませんが、学校で専用口座を作り、

寄付を受けつければ寄付した金額や用途が明確になるので、そうすれば皆さんも

分かりやすいし家長会からも寄付を検討したいと思います。

ただ楽隊だけに寄付すると他はどうなるのかということもありますので理事の

意見を聞き、考えていきたいと思います。

 

中華航空 エバー航空 特別運賃のお知らせ

5月 11th, 2015

 

中華航空様、エバー航空(長榮航空)様が中華学校特別運賃を提供しております。

夏休みに台湾へ行くご予定がございましたら、1つの選択肢としてご検討下さい。

詳細は画像の通りです。(画像をクリックして拡大してください)

どうぞよろしくお願いいたします。

                       家長会

 

中華航空

ちゃいな

 

エバー航空

えばー

2015年度 園遊会 

5月 10th, 2015

家長会は、毎年新入生・転入生を歓迎する「園遊会」を催しております。
本年も保護者による手作り台湾料理やゲームなどを用意しております。

その他、豪華商品が当たる抽選会や、各家庭より提供されたバザー品の販売など、盛り沢山の内容となっております。

どなた様もご参加いただけますので、どうぞ「オープニングセレモニー」よりご家族揃って、ご友人もお誘いの上お出かけ下さい。

家長会一同心よりお待ち申し上げております!

 

 園遊会ポスター

2015年度 第一回 運営委員会

5月 1st, 2015

2015年度 第1回 運営委員会

 

2015年4月18日(土)11:00〜

 1.ブラスバンドの楽器購入について

周伶憶老師:

まず東華楽隊の楽器購入について家長会で検討していただきありがとうございます。購入の必要性につきまして、説明させて頂きます。

第一に、九割の楽器は既に20年以上使用しています。この前、楽器屋さんに修理を依頼した時、これらの楽器の部品は2・30年前の物でもうないので、修理はできないと言われました。

第二に、今の楽隊は小規模な楽隊ですが、低音部の楽器は全くありません。一番低いのはテナーまでしかありません。低音部の楽器はほかの楽器より費用が高いです。小規模な楽隊ですので、低音部の楽器は一個で足ります。

質問ですが、補助の経費は2・30年以上超えた楽器を一括買い換えることができますか。それとも毎年少しずつ一番更新が必要な楽器だけを購入することができますか。

林会長:

家長会の経費も限度がありますので、先ほども家長の方々の意見を聞きました。

基本的に家長会から費用を学校に出すことは検討が必要です。もし費用を直接楽隊に出すとなると、異なる意見が出るかもしれませんので、まだ話し合いが必要です。

周老師:

できれば、2・30年以上の楽器を全て更新したいです。そして低音部の楽器を購入したいです。もし低音楽器がしばらく購入できない場合、せめて2・30年以上の楽器を買い換えたいです。

林会長:

もし低音楽器を購入するなら、どんな楽器でしょうか。

周老師:

低音楽器なら三種類あります。低音のクラリネットです。あと低音のサクソフォンとチューバです。この三種類は各一点で足ります。もし一括三点購入できない場合、まず低音サクソフォンを購入したいです。なぜか言うと既にできる生徒がいます。チューバはまだ学んでいます。

他には、例えばフルートなら楽器代は高くないので、生徒に直接購入を勧めます。

楽器によってそれぞれの単価の差が大きいので、高い物は生徒が直接購入することは難しいと思います。トランペットとサクソフォンは主要な楽器ですが、全て古いので、これも先に買い換えが必要です。フルートとクラリネットは出来るだけ自分で購入してほしいです。

林会長:

現状はサクソフォンとトランペットがありますが、低音のサクソフォンを購入したいですね。低音サクソフォンの予算はいくらでしょうか。

周老師:

低音のバリトンサクソフォンの定価は50万円です。

林会長:

サクソフォンとトランペットの修理代はいくらでしょうか。

周老師:

実は修理を依頼したとき、修理代は新品購入とあまり変わらなかったので、店側は勧めませんでした。部品もないので、すぐ修理できません。しかも毎回修理を依頼すると数千円の検査費用がかかります。

林会長:

それはサクソフォンとトランペットも新品購入ですか。

周老師:

アルトサクソフォンは13万円です。これは定価です。実は契約すると割引があります。うちは銀座のヤマハと契約しました。今言ったのはネットに載っている定価です。アルトサクソフォンは約13万円、トランペットは約8万円です。各2点を買い換えたいです。

林会長:

サクソフォンとトランペット、各1点ですか。

周老師:

できれば各2点購入したいです。今サクソフォンは4個がありますが、2個しか使えません。トランペットは3個使えますが、でもその中の2点は故障があり、完全に使えるのは1個しかありません。

もし今費用が足りない場合、低音部はまだしばらくなくても大丈夫です。第一優先は2・30年以上の楽器です。毎年少しずつ更新できれば、正式な小型楽隊になれます。

林会長:

もう一つの質問がありますが、この件につきまして、先生は学校に相談しましたか。

周老師:

学校に予算表を提出しました。毎年、楽器1点しか購入できません。しかも条件があり、楽器を購入したら楽隊の制服は自腹しかできません。

生徒たちも楽器の更新を優先して、服装はあまり重要視しないようにしました。私が学校に入って二年経ち楽器3点を購入しました。学校の経費で買いました。楽器は高いので、学校の経費で購入することは厳しいです。

参加保護者:

もし楽器を更新するなら、一括更新したほうがいいと思います。中華学校は勉強だけでなく、ほかの活動にも力を入れてほしいと思います。楽器そのものの費用と修理代金は定期的にかかる固定の費用になると思うので、予算を計算して学費に入れたらどうでしょうか。

周老師:

学校も私に費用に関して聞かれましたが、現状は修理費用は定期的ではないため、古くなっているのでとても高いです。

参加保護者:

もし全てのかかる費用の明細がありましたら、反対しないでしょう。

周老師:

いま検討が必要なのは一括更新か、毎年少しずつ更新するのかということです。

参加保護者:

20年以上の楽器は全て更新ならいくらかかりますか。

周老師:

まだ合計はしていません。ただ、どれが壊れてどれが使えるかしか把握していません。

林会長:

次の会議の時、また一覧表を配ってください。

検討しますが、基本的には学校と交渉したほうがいいと思います。もし楽隊に出したら、獅子隊か龍隊も欲しいとなってしまったらどうしましょう。しかも大勢の家長から意見が出てきます。

参加保護者:

もし家長会からではなくて、家長たちからはどうですか。

林会長:

これも討論が必要です。

参加保護者:

もし家長会から出すとなったら、ここにいる皆さんは責任を取らないといけませんので、難しいと思います。

参加保護者:

楽隊に参加していない生徒の家長は参加していないのになぜ出さなければならないのかと思う家長もいるでしょう。

参加保護者:

家長会より学校から公表したほうがいいのではないでしょうか。家長会からだと、反対意見が多く出てしまうかもしれません。

林会長:

校長先生より公表していただいて、家長全員で協議したほうがいいと思います。

周老師:

実は校長先生も更新を賛成しています。毎年、提案していますが、結論が出ません。

参加保護者:

先生の気持ちは理解できます。ボロボロな楽器で教えても生徒の興味が段々低くなります。獅子隊、龍隊も同じです。

林会長:

昔は隊長が学校と交渉します。今は変わりまして、先生が学校と交渉します。

周老師:

もう一つ質問があります。生徒から私に部費を徴収してもいいかと提案がありました。

部費で楽器を購入することは難しいですが、楽譜などは買えます。学校は毎年2部の楽譜しか買ってもらえないです。でも、やはりいろいろな活動があるので2曲以上演奏したいです。

今、現状は部費があります。学校は管理しません。生徒が自分たちで管理して私が監督しています。定期的に家長たちに明細を見せて報告します。ただし、部費に関して家長の皆さんは同意するかどうか聞きたいです。

林会長:

費用について、理事会があるので校長先生も決められませんので、学校を経由して学費に入れればいいと思います。もし家長会からの提案となると厳しいと思います。

参加保護者:

もし寄付金ですれば解決できるのではないでしょうか。

林会長:

実は寄付金のことは現在準備中です。

周老師:

では、全ての費用明細表を作成します。

参加保護者:

見積りがでて、もし高額でなかったら、みんなで分担して楽器を一括更新したほうがいいのではないでしょうか。

林会長:

一括と部分更新のふたつの案の見積りをお願いします。

周老師:

わかりました。5月9日に皆さんに配ります。

生徒の希望としては今年の運動会で新しい楽器を使いたいです。難しいと思いますが。

林会長:

楽器の見積りが出てから、また検討するようにしようと思います。

 

2.園遊会について

田口副会長:

本日、メニューの材料と容器代の見積りの提出をお願いします。

5月9日に各クラスのメニューの詳細を出すので各クラスの運営委員の方は受け取ってください。また同じ日に家庭科室使用の申込みを受け付けますので、事前にお便りを出すようにしますが、希望をクラス委員の方と話し合って決めておいてください。

 

バザー品回収について

各クラスの回収日は各クラスそれぞれで決めていただいて、8・9日に家長会室へ持って来てください。

家長会室に担当の方が待機する時間は朝8時から午後までとなるように、皆さんの負担が少なくなるように時間設定するようにします。

 

園遊会の各担当

  • メニュー及び単価の決定について   (担当:田口副会長、岩田副会長)
  • 使う食器、容器について          (担当:渡瀬様、蔣様/園遊会委員全員)
  • 料理教室、冷蔵庫と冷凍庫の使用登記

(担当:渡瀬様、大田様/園遊会委員全員)

  • 料理教室の準備、管理及び清掃     (担当:渡瀬様、大田様/園遊会委員全員)
  • 招待状作成と発送について        (担当:梶田様/書記全員)
  • 前日及び当日の会場準備 (担当:林会長、岩田副会長、頼副会長、田口副会長)
  • バザーの指導及びレジ            (担当:翁様、副会長/バザー委員全員)
  • バザー商品管理                  (担当:翁様/バザー委員、クラス保護者)
  • 環境保護                        (担当:池上様、横山様)
  • 食券売り場レジ担当               (担当:山口様、お手伝い:栗原様)
  • 受付     (担当:林会長、岩田副会長、頼副会長、田口副会長/梶田様、陳様)
  • 抽選会管理係                     (担当:片山様、加茂様、小北様)
  • 写真撮影係                      (担当:中2林様、もう1名確認中)
  • 運営委員売り場(飲み物)        (担当:箕輪様、蔣様、卒対全員)
  • 警備係                           (担当:小3張様、中3張様)

 

◎各学年から2名ずつ出ていただく【ゴミ当番】と【警備】は決まり次第、頼副会長までメールにて報告をお願いいたします。

 

最後に

林会長:

皆さん、今年も一年よろしくお願いします。

2015年度 第一回 委員総会

5月 1st, 2015

2015年度 第1回 委員総会

 

2015年4月18日(土) 10:00

1. 会長・新副会長の挨拶

会長挨拶

今年で会長職2年目となります。任期もあと1年となりますので、今年も皆さんより沢山のご意見を頂きながら、運営役員及びクラス役員の皆さんと協力して、頑張っていきたいと思います。皆さんのご理解・ご協力宜しくお願いします。

 

頼副会長挨拶

皆さんおはようございます。今日もお忙しい中、お集まり頂きましてありがとうございます。今年度改めまして副会長をさせて頂く事となりました。子どもは小二・小六・中一におります。諸先輩方の力をお借りして、また皆さんと楽しく協力しながら、この家長会を運営していきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

 

田口副会長挨拶

おはようございます。今回初めて副会長を務めさせて頂きます。子どもは中一・小四におります。今までクラス役員及び運営委員を通じて、家長会に携わってきました。ですが、まだまだ分からない事が沢山ありますので、家長の皆様のお力をお借りしながら、皆さんで子どもたちの為に良い家長会を作っていければと思っております。宜しくお願いします。

 

岩田副会長挨拶

おはようございます。副会長2年目となりますが、まだまだ勉強中です。今年も宜しくお願い致します。

 

2.クラス役員の自己紹介

小学部よりクラス毎に順番に自己紹介を行う。

 

 

3.年間行事予定の確認(詳細については、別紙参照)

 

端午節の粽配布について

毎年端午節に粽を配っておりますが、去年から家長の皆さんの負担を考え、手造りではなく、ある家長のお店に依頼し、そちらで購入したものを配布する形を取っております。今年も同じ方法を考えていますが、皆さん何かご意見ありますか。

特に意見が挙がらなかったので、今年も昨年同様お店に依頼し、購入したものを配布する形を取る事とします。

 

双十節の園遊会について

華僑の団体が中心として行う園遊会です。家長会としてもブースを出すかどうかは、また皆さんのご意見を伺う事になりますので、ご検討お願いします。

 

クリスマス会について

毎年家長会より一人当たり1,000円の補助を出しております。補助に関しましては、例年通りを考えております。ただ、前回の家長大会でも連絡した通り、学校側より小学部高学年及び中高生がまだテスト中である時間に低学年が教室で開催するのは、控えてほしいとの申し出がありました。この点に関しまして、会の内容・場所及び時間に関し、低学年の家長及びクラス役員の皆さんに検討してもらう必要があります。ご協力宜しくお願いします。

 

4.予算案について

 

詳細は、別紙参照。

 

ブラスバンドの楽器購入について

学校より、ブラスバンドで使う楽器を家長会からの寄付として購入してほしいとの申し出がありました。経緯としましては、現在ブラスバンドで使用している楽器は、代々先輩方から受け継がれたものであり、非常に古く、音の出も悪くなっており、毎日使用している生徒及び指導している先生から新しいものに買い替えてほしいという意見が挙がり、その結果家長会にこのような依頼が来ました。

個人的には、楽器という形に残るもので寄付をする事は悪い事ではないと思っていますが、一方でブラスバンドは一つのクラブ活動ですので、本来学校側が負担すべきものではないかとも考えております。今回家長会の負担で楽器を購入しますと、今後他のクラブ活動で不足が生じた場合も家長会が負担するという状況が起こりかねない。そうなりますと、限られた予算で賄いきれない状況が発生する可能性もあります。ですので、今回購入する・しないという判断だけではなく、今後も踏まえた上で、皆さんのご意見を伺い、家長会としてのスタンスを決めたいと思っております。追って先生より詳しい説明があると思いますので、折角お集まり頂いておりますので、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

特に反対意見がないようですので、具体的に何を購入するかは先生からの詳しい説明を受けた上で判断しますが、基本的に数点楽器を寄付する方向で進めたいと思います。

詳細は、追ってご報告します。

 

5.2015年度前期家長大会について

 

5月9日(土)10時より、4階会議室で開催します。

大会開催のお知らせと出欠表は、4月27日(月)に配布、5月1日(金)までに回収の予定で進めております。皆様ご協力宜しくお願いします。

議題は、年間活動予定、会計&予算報告・承認、学校への質疑応答となります。

学校へのご意見があれば、その際にご提示頂きますようよろしくお願いします。

 

6.園遊会について

 

  • ポスター:既に依頼済みです。
  • 案内状、招待状、景品協賛:我々運営委員で手分けして行います。
  • 近隣へのポスター配布:昨年努力の甲斐があり、沢山の方に来場頂いておりますので、
  •            今年も去年同様行いたいと思います。
  • バザー品寄付及び回収:例年通り、皆さんにご協力をお願いしたいと思います。
  •              今年は皆さんから頂いた寄付の品は全て受け取ります。しかし回収後値段に見合わないと判断した場合には、クラス役員経由追加での寄付を依頼する形を取らせて頂きたいと考えております。皆さんのご理解とご協力を宜しくお願いします。
  • プログラム作成:基本は昨年と同様の流れになる予定です。
  • メニューについて:今年は事前にメニューも決めて頂いており、準備は順調に進んでい

ます。

  • ゴミ当番・警備係:各クラスで2名ずつ、次回委員総会(5月9日)までに提出お願い

します。

 

7.サマーキャンプについて

今年は、学校より下記2校の推薦がありましたので、こちらでの実施を検討しております。

・ 国立教育大学華語文中心

・ 清華大学海外兒童曁青少年華語夏令営

詳しい説明は、家長大会の際に行われる予定です。

 

8.卒業生記念品と謝恩会について

謝恩会ですが、今までホテルで行っておりましたが、今年はホテルの予約が取れなかった関係上、初めて学校の体育館で行われました。

当初は、初めての試みという事もあり、どうなるかと心配をしておりましたが、松本さんに大変ご尽力頂きまして、結果的に皆さんにもご好評頂いて終える事が出来ました。折角ですので、今日ご参加の皆さんの中に謝恩会出席者がいらっしゃいましたら、感想を伺いたいと思います。まずは、取り仕切って頂いた松本さんより、ご意見を伺いたいと思います。

 

松本さん:昨年度の小六・中三・高三の父兄の皆様にご協力頂きまして、本当に素晴らしい謝恩会になったと思います。正直、卒業式も謝恩会も仕事に追われ、ほとんど見る事が出来ませんでしたが、終了後約一週間に渡り、複数の生徒・父兄の皆様・先生方から電話やメールで感謝や労いのお言葉を頂き、成功したという確かな実感は残っております。内容に関しましては、やはり3学期・特に3月に入ってからが準備で大変でした。ですが、生徒及び卒業担当の先生をはじめとし、多くの先生及び家長の皆様の協力のお陰で、成功させる事が出来ました。当日使用したテーブルや椅子に関しましても、出来るだけ学校内の備品を使用し、不足分だけレンタルするようにしました。また料理に関しましても、皆さまのご意見を総合しますと、量・味共に満足いくものだったと思っております。この学校は、校長先生もおっしゃっている通り、一つの家族のような雰囲気があり、皆兄弟のように仲良く育っていきます。その為、卒業式と言うと途中で外部に出た生徒や既に卒業した先輩そして卒業学年を教えた事のある非常勤及び常勤で既にお辞めになった先生など色々な方がお祝いに駆けつけてくれます。そのような方々にも、ぜひ一緒に参加してもらいたいという思いで、今回の謝恩会を開催しました。その結果、とても良い会を開催する事が出来たと思っております。ぜひ今後につなげて頂ければと思います。

また、卒業生が考えた文章を基に作成したDVD映像を、今回の謝恩会で流しました。このDVDが大変好評でしたので、皆さんにもぜひ見て頂きたいと思っております。

 

※このDVD映像に関しましては、家長会ブログに掲載予定です。

 

会長  :私も校長・主任と同じテーブルに座っておりました。まず料理についてですが、サンドイッチが特に余っていたように感じました。来年も同じ形式で行うのであれば、料理は今回の消費具合を参考に再検討すると良いと思います。その一方で、見ていて準備が大変であるという印象も受けました。来年以降皆さんの負担を考え、ホテルで行う形に戻すのか、直前での人数変更への対応等を考え、今回と同じ形式を取るのか、今後皆さんの意見を伺っていきたいと思います。

 

頼副会長:私も小六保護者として参加させて頂きました。先程松本さんがおっしゃっていた通り、今回初めての試みという事もあり、半年以上時間をかけて業者さんとの打ち合わせを行いました。次回どのような形で行うにしても、謝恩会自体は開催される事には変わりがないと思います。卒業対策委員の皆さんはこれから一年通して、色々大変だと思いますが、既に謝恩会を経験している先輩方が多数いらっしゃいますので、色々な意見を聞きながら、みんなで相談してやっていければと思っております。また今回の謝恩会についてですが、先生方そして何よりも高三の生徒の皆さんが喜んで学校を旅立って行かれた事が家長会として嬉しく、とても印象に残りました。

 

参加者1:すごく良い会だったと思います。体育館での開催で冷えるのではないかと心配しましたが、子どもたちの活気のせいか、寒さを全く感じませんでした。

 

田口副会長:私も今回小六保護者として参加させてもらいました。またその前の年も広報として参加しておりました。ホテルで開催していた際は、DVDを流すといった事が金額面や会場の広さの問題からなかなか実現出来なかったのですが、今回学校での開催となり、先生の協力の下、実現する事が出来ました。生徒たちの作成したDVDの映像を見た先生たちは、笑ったり、時には涙を流したり、非常に喜んで下さっていました。感謝の気持ちを表すという点で、DVDを使用できたのは、とても良かったと感じました。また先生方が気軽に参加できるという事も学校開催の利点であると感じました。ですので、次回も学校で開催されることになれば、私個人としては嬉しいと思いますが、皆さんのご意見を伺いながら、卒業対策委員の皆さんと準備を進めていきたいと思っております。宜しくお願いします。

 

9.臨時動議・・・家長会運営に関するご意見について

 

日頃からお伝えしておりますように、家長会に対して様々な意見を頂戴する事は、非常に

有難い事だと考えております。しかしながら、今回家長会宛てではなく、個人宛に匿名で

ご意見が届きました。匿名ですと、今後の対応に関して意見交換を行いたいと思いまして

も、連絡の取りようがございません。繰り返しになりますが、家長会に対して様々なご意

見を頂戴する事は、大変光栄な事と考えており、今後も様々なご意見を賜りたいと思って

おります。ですが今後は何かご意見がございましたら、家長会のHP若しくは個人であれ

ば私会長宛てに頂ければと思います。尚、皆様から頂いた貴重なご意見に関しましては、

その都度皆様と共により良い解決方法を考えていきたいと思いますので、ご協力宜しくお

願いします。