Archive for » 1 5 月, 2017«

傳記文學季 — 回憶的印痕 — 最後14堂星期二的課 (モリー先生との火曜日)

《最後14堂星期二的課》(Tuesdays with Morrie),米奇·艾爾邦的回憶錄,1997年出版舞台劇作品。故事講述米奇,看到他最敬愛的大學教授患了不治之症,想起了當年的恩典,希望能夠老師再次交談。書中的老教授墨瑞·史瓦茲(Morrie Schwartz)罹患一種名叫「葛雷克氏症」(ALS)的病,跟著名物理學家霍金患的相同。它會令患者肌肉由下至上逐漸萎縮,最後像靈魂被封印在軀殼內一樣,全身都不能動,但神智卻非常清醒。在教授墨瑞最後的三個多月裡,米奇(Mitch)每逢星期二便會到教授家去討論一些人生會遇到的困難及疑惑,包括死亡、愛、婚姻、家庭等等。主角更意會到自己一直所追求的名利其實並不如愛更可貴,並因此挽回一段將逝去的愛情。

 

モリー先生との火曜日』(原題:Tuesdays with Morrieはアメリカのジャーナリストのミッチ・アルボムによって書かれたノンフィクションである。難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されたモリー・シュワルツ教授が、死を前にして、かつての教え子であるミッチに贈った「最後の授業」を記録したもので、1997年にアメリカで出版されベスト・セラーとなった。

新聞コラムニストのミッチ・アルボムは筋萎縮性側索硬化症(ALS)により死を目前にしているブランダイス大学の78歳の社会学教授、モリー・シュワルツとの日々を詳述する。シュワルツ教授の元生徒であるアルボムは卒業後16年間教授と連絡を取っていなかった。最初の3章はアルボムとシュワルツの最後の会話への導入、アルボムの卒業の回想、卒業から教授と再会するまでの経緯などが描かれている。

 

 

アルボムは子供の頃の将来の夢はピアニストであったが、デトロイト・フリー・プレスのスポーツ・コラムニストとして成功していた。『ナイトライン』でシュワルツのことが取り上げられているのを見てアルボムがシュワルツに電話してみると、シュワルツは16年経っているにも関わらず元生徒のアルボムのことを覚えていた。アルボムはミシガン州からマサチューセッツ州までシュワルツに会いに行きたい衝動に駆られる。新聞社はアルボムがシュワルツに会えるよう毎週火曜日に休暇を与えた。

この本は彼らの14回の面会を基に、シュワルツから受けた補習、人生経験、回想、そして現在のことが描かれている。

 

Newspaper sports columnist Mitch Albom recounts the time spent with his 78-year-old sociology professor, Morrie Schwartz, at Brandeis University, who was dying from amyotrophic lateral sclerosis (ALS). Albom, a former student of Schwartz, had not corresponded with him since attending his college classes 16 years earlier. The first three chapters incorporate an ambiguous introduction to the final conversation between Albom and Schwartz, a brief flashback to Albom’s graduation, and an account of the events Albom experienced between graduation and the reunion with his professor. The name Morrie comes from its meaning in Hebrew (mori מורי), which means “my teacher.”

Albom is a successful sports columnist for the Detroit Free Press despite his childhood dream of being a pianist. After seeing Schwartz on Nightline , Albom called Schwartz, who remembered his former pupil despite the lapse of 16 years. Albom was prompted to travel from Michigan to Massachusetts to visit Schwartz. A newspaper strike frees Albom to commute weekly, on Tuesdays, to visit with Schwartz. The resulting book is based on these fourteen Tuesdays they meet, supplemented with Schwartz’s lectures and life experiences and interspersed with flashbacks and allusions to contemporary events.

 

—摘錄自中文日文英文Wikipedia

Category: 圖書季  Comments off