傳記文學季 — 回憶的印痕 — 追風箏的孩子 (君のためなら千回でも)

《追風箏的孩子》(英語:The Kite Runner)是美籍阿富汗裔作家卡勒德·胡賽尼的第一部小說,也是第一部由阿富汗裔作家創作的英文小說。小說於2003年由河源出版社在美國出版,以第一人稱講述了來自阿富汗首都喀布爾富人區的普什圖少年阿米爾(Amir)和他的童年好友,父親的哈扎拉僕人哈山(Hassan)之間的故事。故事的背景設定涵蓋了一系列複雜的歷史事件,其中包括阿富汗君主制被推翻,蘇聯軍事入侵,阿富汗難民逃往巴基斯坦和美國,以及塔利班政權的崛起等重要事件。

 

作者胡賽尼認為這部小說是一個父子之間的故事,強調了小說的「家庭」層面,而這一主題也在他的後續作品中得以延續。小說前半部分的關鍵情節中,阿米爾未能保護哈山免受暴力傷害,就此引出了整部小說所突出的「罪惡感」和「救贖」的主題;小說的後半部分則圍繞阿米爾在二十年後的贖罪歷程展開。

 

 

 

 

 

『君のためなら千回でも』(きみのためならせんかいでも、原題: The Kite Runner, ペルシャ語題: کاغذ‌پران‌باز- Kāğazparān Bāz か بادبادک‌باز Bādbādak-bāz) )は、アフガニスタンのカーブル出身のカーレド・ホッセイニによる小説。及びそれを原作とした2007年のアメリカ映画。
1978年冬、アフガニスタンの首都カブール。12歳のアミール(ゼキリア・エブラヒミ)は、ハザーラ人の親友ハッサン(アフマド・ハーン・マフムードザダ)と仲良く遊ぶ日々を送っていた。アミールは父ババ(ホマユーン・エルシャディ)と共に恵まれた生活を送っており、ハッサンは父アリ(ナビ・ターナ)と共にアミールの家で召使いとして働いていた。
恒例の凧合戦の日、子供たちは二人一組で糸巻きと糸の操作を分担して、巧みに糸を操り他の凧の糸を切るのを競っていた。街中の人々が勝敗に熱狂するこの凧揚げで、アミールとハッサンは見事優勝する。しかし、凧を拾いに行ったハッサンは、日頃からハザーラ人のハッサンを嫌っているパシュトゥーン人のアセフ(エラーム・エーサス)たちに襲われてしまう。ハッサンを探しに行ったアミールはその現場を目撃するが、何もできずその場を去ってしまう。それを機に二人の間には距離ができたまま、1979年にソ連によるアフガニスタン侵攻が始まり、アミールは父と共にアメリカへと亡命する。

 

The Kite Runner is the first novel by Afghan-American author Khaled Hosseini. Published in 2003 by Riverhead Books, it tells the story of Amir, a young boy from the Wazir Akbar Khan district of Kabul, whose closest friend is Hassan, his father’s young Hazara servant. The story is set against a backdrop of tumultuous events, from the fall of Afghanistan’s monarchy through the Soviet military intervention, the exodus of refugees to Pakistan and the United States, and the rise of the Taliban regime. Hosseini has commented that he considers The Kite Runner to be a father–son story, emphasizing the familial aspects of the narrative, an element that he continued to use in his later works. Themes of guilt and redemption feature prominently in the novel, with a pivotal scene depicting an act of violence against Hassan that Amir fails to prevent. The latter half of the book centers on Amir’s attempts to atone for this transgression by rescuing Hassan’s son over two decades later.

 

—摘錄自中文日文英文Wikipedia

Category: 圖書季
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.