懷鄉文學季—琦君的桂花雨

琦君(1917年7月24日-2006年6月7日)本名潘希珍,學名希真,小名春英,浙江永嘉縣瞿溪鄉人(今浙江省溫州市甌海區),台灣當代文學作家。琦君的作品以散文為主,亦涵括小說、評論、合集、論述、翻譯及兒童文學/繪本,其作品曾被翻譯成英文、日文、韓文等多國語言。琦君曾獲中國文藝協會散文獎章、中山學術基金會文藝創作散文獎、新聞局優良著作金鼎獎、國家文藝獎散文獎。琦君的散文多次被選入台灣的中學國文課本,小說《橘子紅了》曾被台灣的公共電視台改拍為電視劇。 琦君寫作的風格以溫柔敦厚見長,多是懷舊文學作品。

本名は潘希珍または潘希真。浙江省永嘉県瞿溪鄉(現在の浙江省温州市甌海区)に生まれる。台湾現代文学作家。元台湾中国文化学院、中央大学中国語学科教授。作品はエッセイを中心に、小説・評論・翻訳・児童文学など幅広く、英語・日本語・韓国語などに翻訳されているものもある。主な作品に、『青燈有味似兒時』『永是有情』『水是故鄉甜』『萬水韆山師友情』『三更有夢書當枕』『桂花雨』『細雨燈花落』『讀書與生活』など。浙江省永嘉県瞿溪鄉(現在の浙江省温州市甌海区)に生まれる。幼名は春英。幼少時代は農村で過ごす。兄が一人おり、両親が早世したため、兄とともに伯父、伯母に育てられる。この伯父、伯母こそが琦君が文章中で表す父親と母親である。家庭教師の指導を受けて、詩経・唐詩・孟子・論語・唐宋古文などの中国古典文学を読み始める。

 

—摘錄自中文Wikipedia 以及 https://goo.gl/eOHAA8

Category: 圖書季
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.